2014夏 九州横断食い倒れ旅・4
雨あがりの涼しかった雲仙の山を下り、島原地区へ。島原港から熊本港へ高速フェリーで30分でいけるというので予約していたのですが、どうしても行きたかった雲仙岳災害記念館に寄ってみたら犬禁だったので、オヤジとなのちゃんに車で待っていてもらい、ダッシュで見学。
n1.jpg

USJのような体験型災害ビデオがちょうど始まるところだったので、ラッキー!
土石流を体験するコーナー(スピードだけ)では、あまりの速さに何もわからず。
後日掘り出された溶けたカメラ器材や遺品などがそのまま展示してあり、当時、テレビで食い入るように見ていた普賢岳の様子を思い出して胸が痛くなりました。
n2.jpg とにかくすぐ逃げよう!

フェリーの時間まであと30分というところで車に戻り、さらにダッシュで道の駅みずなし本陣へ。土石流に埋もれた家屋をそのまま残し、まわりに道の駅を造った珍しいもの。
駐車場から自分だけ走って、土石流被災家屋保存公園に行くと。。
n3.jpg ・・・。

今は何ごともなかったかのようなのどかな田園地帯なのに、数軒の家屋が土砂に埋もれていました。2階の屋根のところまで埋まったままのおうちの中をのぞいてみたら、家財道具?らしきものや窓と一緒に雑草が生えているのが見えました。
n4.jpg 

滞在時間7分で島原港へ。そうそう来られる場所ではないから、ひと目でも見られてよかった。
フェリーは車の中からペットを持ち出すことができないので、オヤジだけ車で乗り、私は歩いて乗船。島原から熊本まで1,000円で行けるのねぇ。
n5.jpg 犬は無料。

ペットはデッキのみとわかって乗ったものの、あまりの暑さに辟易。。今回の旅で一番過酷な暑さだったかも。
n6.jpg 九州暑い!

そうこうするうちに車を停めたオヤジがデッキにやってきたので、2階へ移動。普賢岳を目の前に熊本へ出発。
n7.jpg さよなら長崎ー

海の上で30分くらい余裕。。と思っていたら大きな間違い。風はあるけど日差しがきつくて暑いこと!とにかく隅っこの少しでも陽の当たらないところにバッグを置いて、今回の旅用に買った遮熱日傘をかけ、大きな保冷剤を敷いて、扇子で風を送りながら売店で買ったアイスクリームをなのちゃんの口の中へ。
n8.jpg 生きてる?

おかげでそれほどハァハァ言うこともなく、元気に熊本港入り。バッグを一人で持って乗り降りしたり扇子であおいだ飼い主はヘトヘト。。
n9.jpg アイス、おいしかった!

そのまま熊本市内を通って2日目のお宿、阿蘇の「ぼくのお宿・風の音」へ向かいました。
こちらはウエスティが2頭いる小さなお宿。ウエスティグッズが色々とあってステキ〜
p1.jpg ワンご飯も。

またまた先にお風呂に入ってゆっくりしてから晩ご飯。前菜色々、馬刺し、サーモンのパイ包み、豚のリエット、サラダなどがあるというのに、あか牛メインの炭火焼まで!これまたとっても美味しいお肉で大満足。
p2.jpg

p3.jpg アタシのご飯!

ご飯にデザートのメロンまで完食して、またまた限界に挑戦してしまった。。
こんなステキなダイニングを貸切だったので、お言葉に甘えてなのちゃんを放牧。
p4.jpg

寒い雲仙、暑い島原、のんびりした阿蘇と、めまぐるしい1日でした。
Comment
☆ぎゅうちゃん
暑いのは京都で慣れてるーと思ってたけど、九州の日差しはホントスゴイですね。
犬連れOKの食事場所と預けられるショップを探しまくって行ったので、美味しいものにありつけましたが、冬に行ったらもっと選択肢が増えただろうなー

新幹線で途中1泊したら、案外いけますよ。
京都から3時間弱で博多、鹿児島まで2時間かからないらしいです。ぜひぜひ!
p | 2014/08/06 12:32 AM
拙者が行ったのは、3月。
だというのに、九州の日差しは半端なくて、お昼はぽちに車でお留守番してもらおうと思っていたら、とうてい無理。
コンビニでトルコライス買って食べたりしたのが、懐かしい。
雲仙はとても当時は行けなかった。
世界的な火山学者夫婦も亡くなったくらいの火砕流。
今度は行ってみたいなあ。
泊まられたお宿も何処も素敵だったね。

会社の上司が宮崎県で、隣の課には鹿児島出身がいます。
南九州も行きたいけど、アインは飛行機ダメそうなので、色々思案中でし。
ぎゅうちゃん | 2014/08/05 8:20 AM
山の様子も町や海の様子もはっきり思い出せるくらい、テレビにかじりついていたから、現地に立って感慨ヒトシオでした。
天草も行きたかったけれど、さすがに無理やったわー

おっしゃるとおり、山が素晴らしくて感動しました。
長野の山とはまた違うねぇ。同じく、宮崎と鹿児島に行きたいです!
p | 2014/08/04 12:33 AM
わたしも雲仙普賢岳の景色、忘れられない。そのまま天草まで走ったので、海沿いからみる普賢岳の景色とあのテレビでみた災害の様子が、重なって、胸がいっぱいになりました。長崎出身の友人が、水の綺麗な場所だと言ってたのも印象的でした。さすがに九月末だったので、それほど暑くなかったけれどね。笑
ただ、九州の日差しの厳しさは半端ないよねぇ。
真夏の佐賀で燃え尽きそうになりましたから。
九州は、山の景色が綺麗だっとも思わない?今回のコース。山好きにはたまらん。また行きたいな。こんどは、宮崎と鹿児島も。
クラママ | 2014/08/03 9:06 AM
Comment Send